日本の国防2022

日本の国防2022

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

 防衛省が毎年公表している「防衛白書」は内容が充実して非常に読み応えがあるのですが、反面必要な情報を取り出しにくいので、重要な資料やデータをすぐに閲覧できるようにピックアップしています。また明治期の軍事費推移や海上保安庁の公開データもグラフ化して公開しています。

日本と主要国の国防費(防衛費・軍事費)の推移

 日本の国防費用は国際協調の観点からか毎年5兆円程度で歳出の5%、GDPの1%程度に抑えられています。しかしながら、日本の近隣にはロシア、北朝鮮、中国といった軍事的脅威となる国が多く存在していることから、国防費の拡大が必要とされています。ただし国防費については国際的に統一された定義がないこと、秘匿性の高い項目のため国防費の内訳の詳細が明らかでないことなどから各国の正確な国防支出を把握することは困難です。以下は防衛白書の各国データを元に、円換算して比較した年推移グラフです。

国防(防衛)予算は慣例で歳出の5%、GDPの1%と抑えられています。下は財務省公表の歳出決算額(2021年は補正予算額)、GDP統計を元に算出した年推移グラフです。

帝国主義時代からの軍事費と歳出に占める軍事費割合の推移を、大蔵省昭和財政史編集室編「昭和財政史第四巻―臨時軍事費―」を元に作成しました。

年度緊急発進回数の推移(1958-2021)

下は防衛省・統合幕僚監部による公表データを元に作成した緊急発進回数の年推移を表したグラフです。年度緊急発進回数は2016年が過去最多の1168回を記録。うち851回が中国機を対象にした出動でした。

国別緊急発進実施回数の推移(2003-2021)

 防衛省の公表データを参考に国別の緊急発進実施回数の推移をグラフ化しました。中国は習近平政権に代わってから緊急発進が急増していることがわかります。下は緊急発進の対象となったロシア機と中国機の飛行パターン例を示した図です。中国機は第一列島線内を、またロシア機は日本海域を竹島周辺まで南下し、太平洋側からも日本の周囲を飛行していることがわかります。2021年はロシア機がより活発且つ雑(もしくは過激)に飛行している感があり、21年9月にはAn-26が、22年3月にはロシア製ヘリコプターが北海道北方上空をそれぞれ領海侵犯しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 無題22-1024x899.png
2020年度
2021年度

中国公船による尖閣諸島接近状況(2013-2021)

 下は海上保安庁が公表する「中国海警局に所属する船舶等の尖閣諸島周辺の接続水域内入域と領海侵入隻数」を月別に集計したグラフです。中国公船が2013年から22年5月まで接続水域に入域しなかった月はなく、領海侵犯ですら1度もなかった月は2018年12月と2020年9月の2回のみと自国領のように振る舞い侵入している状況で、特に2019年以降接続水域への入域が多くなっています。下は侵入が確認された公船の画像です(海上保安庁から転載しています)。

 下は海上保安庁が公表している不審な外国海洋調査船(ほぼ中国)の行動状況をあらわした地図です。

自衛隊の主な行動要件と武器使用権限について

 自衛隊の行動要件と武器使用権限については、自衛隊法の第76条~79条、81条~84条に記載されています。以下は防衛白書にまとめられている資料画像です。

主要部隊の所在地マップ

防衛相「防衛白書」令和3年版から転載しています。

主要部隊などの所在地(イメージ)

部隊、戦車、主要火器、主要航空機、主要艦艇に関する資料

防衛相「防衛白書」令和2年版、令和3年版からそれぞれ引用しています。

陸上自衛隊の装備品
海上自衛隊の装備品
航空自衛隊の装備品
資料5の表
資料6の表

防衛年表

防衛相「防衛白書」令和3年版資料編にある防衛年表です。1945年~2021年の防衛と自衛隊の活動に関する全ての事項が時系列で収められています。

防衛年表(1)
防衛年表(2)
防衛年表(3)
防衛年表(4)
防衛年表(5)
防衛年表(6)
防衛年表(7)
防衛年表(8)
防衛年表(9)
防衛年表(10)
防衛年表(11)
防衛年表(12)
防衛年表(13)
防衛年表(14)
防衛年表(15)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です